\/\/\/ ななっち 通 信 \/\/\/

***\/\/\/ 医療的ケアの毎日 \/\/\/***

生活…学校…入院 << 過去…現在 >> etc…
医療的ケアの毎日を平穏に過ごす為の記録&
子供在宅介護の苦労と工夫を紹介

CT結果で分かった 側弯の危険性

待ち時間


パパさんがいてくれると
吸引してくれるから 助かる

当たり前だが 早くヘルパーさんに
吸引を知ってもらって 安心して
会計や自分のトイレに行きたい



*****************


今回の目的
気管のねじりや肺胞の狭窄 検査



輪切りの見方


側弯の影響で
背骨が左の肺が圧迫している
肺が広がりにくいので 痰がたまりやすくなる



気管もまっすぐ
側弯が進むと まがりだして 酸素の値が低くなる
ちなみに ななっちぃの側弯は 喉元はまっすぐで 胸下あたりから曲がっている


 左肺が小さいでしょ

気管がまっすぐで ねじれなし
首すわってないのに 上半身鍛えているから?



  

胸辺りは側弯ないので 均等に肺があるが
徐々に 左肺が狭くなっている


背骨が前に出ると 背骨と肋骨の間に挟まれ
気管か潰れて酸素低下になる


ななっちぃの場合
ほんの数ミリ 凹み確認 丸くないでしょ



右肺は1歳から影は常にあるが
特に急いで治療する必要はなさそう




という事は タンが多いのは ゾニサミドの影響だが


誤嚥と逆流が原因 誤嚥検査せずも決定的




しかし 薬物治療でうまくいっているので
様子見ながら 次の手段をとらねば
様子見とは 誤嚥熱や肺炎入院になり始めたら




そして
排痰ストレッチでいかに左肺を広げる
かがポイントである





今回
側弯はキケンであるという事を再認識した
.
.